シャープの電子ノートWG-S50を活用しています

enote

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

この記事は公開から日にちが経っているため、新しい記事を作成しました。以下も合わせてご参照下さい。

シャープの電子ノートのメリット(2021年時点)
2018年に投稿したシャープの電子ノートのレビュー記事「シャープの電子ノートWG-S50を活用しています」に多くのアクセスをいただいています。そこで、2021年2月時点での思いを記載してみます。最初に記事を投稿したときは、Apple Pe...

以前からシャープの電子ノートを使っています。2017年の年末にWG-S50を買って使い込んできたので、長所と短所を中心にレビューします。

enote

長所

  • ノートの管理がしやすい
    システム手帳のようにノートの移動や削除ができる(紙の綴じノートより優れている)
  • 電池が長持ちする
    表示したままにしてもバッテリーを消費せず、一ヶ月程度は充電せずに使える。この点はスマホやタブレットとは次元が違います。
  • 保存できるページ数が多く、ページが多くなっても重くならない(物理的にも動作的にも)
  • 値段が手頃(ソニーの電子ノートやiPad + Apple Pencil に比べても安く買えます)
  • 純正品こそ少ないが、汎用的なノートカバーやタッチペンと組み合わせて使える
  • OCR機能がなく、ノートに書いたテキストが(文字としての)デジタルデータにはならないため、セキュリティが高い

欠点

  • バックライトやフロントライトがなく、暗い場所では使えない(紙のノートも同じではある)
  • 画面サイズがやや小さく、ゆったりとノートを取ったり、絵や図を多く書く用途には向かない
  • 筆圧がある程度必要で、普段から万年筆をよく使う人にも向かなそう
  • PCへのバックアップとしてケーブルが必要(無線では転送できない)

まとめ

個人的にはメリットがデメリットを大きく上回り、3世代に渡って新機種を使い続けてきました。WG-S50では、文字のコピー&ペーストができるようになりましたが、新しい機能で使い慣れていないこともあり、私はそれほど使っていません。

iPad Pro + Apple Pencil は高価なだけあって確かに書き味はよいですが、ちょっとしたメモを書くにはシャープの電子ノートも遜色なく、十分活躍してくれます。iPadのように余計な通知が入らず落ち着いて使えることや、アプリのインストールや立ち上げが不要で電源を入れればすぐに使えるのも手軽で便利です。

2019年11月に最新のWG-PN1が発売されました。待望の電子ペーパー採用とのことで、店頭で試してみました。画面は明らかに見やすくなったものの、残念ながらレスポンスが少し悪くなったように思います。ゆっくり書けば問題ないのですが、とっさにメモをさらさらと書きたい場合はWG-S50の方が向いていると感じました。WG-S50とWG-PN1は併売されているようなので、メーカーとしてもWG-PN1が完全に上位機というわけではなく、用途に合う方を使ってほしいというメッセージかもしれません。

購入・チェックはこちら
【Amazon】
シャープ 電子ノート WG-S50

シャープ 電子ノート WG-PN1

【楽天市場】
シャープ 電子ノート WG-S50

シャープ 電子ノート WG-PN1

 

 

コメント

  1. REDフクロウ より:

    考えていることは一緒ですね。私も最近WG-S50を購入しました。PN1は見やすくなったのですが、レスポンスがいまいち。すらすらメモをとるのであればS50のほうが良いと思います。ペンの追従性も良いですので。Eインクではレスポンスを上げるのは難しいかも知れませんね。従来の液晶メモリでバックライト、コントラスト改善で商品としての魅力は格段にアップするものと思います。どちらにしても次期新商品に期待ですね。

    • chronos より:

      コメントありがとうございます。同じ感想をお持ちなんですね。
      バッテリーの持ち等、魅力もあるので、次期商品に期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました