シャープの電子ノートWG-S50を活用しています

enote ガジェット

数年前から、シャープの電子ノートを使っています。2017年の年末に最新のWG-S50を買って、ある程度使い込んできたので、長所と短所を中心にレビューします。

enote

長所

  • ノートの管理がしやすい
    システム手帳のようにノートの移動や削除ができる(紙の綴じノートより優れている。以前の品種はこれができなかったため、電子ノートとしてのメリットが小さかった)
  • 電池が長持ちする
    表示したままにしてもバッテリーを消費せず、一ヶ月程度は充電せずに使える
  • 保存できるページ数が多く、ページが多くなっても重くならない(物理的にも動作的にも)
  • 値段が手頃(ソニーの電子ノートやiPad + Apple Pencil に比べるとだいぶ安い)
  • 純正品こそ少ないが、汎用的なノートカバーやタッチペンと組み合わせて使える
  • ノートに書いたテキストが(文字としての)デジタルデータではないため、セキュリティが高い

欠点

  • バックライトやフロントライトがなく、暗い場所では使えない(紙のノートと同じ)
  • 画面サイズが一種類しかなく、ゆったりとノートを取ったり、絵や図を書くには小さい。
  • 筆圧がある程度必要で、普段から万年筆をよく使う人には向かないかも。

まとめ

個人的には、メリットがデメリットを大きく上回り、3世代に渡って新機種を買って使い続けてきています。最新のWG-S50では、文字のコピー&ペーストができるようになりましたが、新しい機能で使い慣れていないこともあり、私はそれほど使っていません。これから購入される方は、例えば旧機種のWG-S30でも、電子ノートとしてのメリットを活かした使い方はできると思います。

この記事を書いた後、iPad Pro + Apple Pencil も購入して試してみました。高価なだけあって確かに書き味はよいですが、ちょっとしたメモを書くにはシャープの電子ノートも十分活躍してくれます。2019年3月、iPad mini もついに Apple Pencil (ただし第一世代)に対応するようになりましたが、iPadとApple Pencilの両方の充電を気にする必要があり、高価です。シャープの電子ノートはアプリのインストールも不要で電源を入れればすぐに使えること等から、まだまだメリットはあるのではと思います。

購入・チェックはこちら→
【Amazon】
シャープ 電子ノート ブラック WG-S50
シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S30-B
【楽天市場】
シャープ 電子ノート ブラック WG-S50
シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S30-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました