Bluetoothイヤホンはネックバンドスタイルが快適

head_phone ガジェット

ソニーのネックバンドスタイル(首掛け式)のイヤホン h.ear in 2 Wireless(WI-H700) を購入しました。一週間ほど使ったので、レビューをアップします。

買ったきっかけ

 ウォークマンやスマートフォン、タブレットを持ち歩いているので、いちいち抜き差しせずにすむようにしたいことと、買い物をする時やアナウンスを聞く時に、一時的にイヤホンを外しても邪魔にならないようにしたいという思いから、適当なBluetoothのイヤホンを探していました。色々と考えて視聴した結果、ソニーのWI-H700 に決めました。

メリット

  1. バッテリーが長持ちします。毎日一時間程度、5日間使っても、半分程度はバッテリーが残っていました。この使い方では、通勤に使う分には、週一回の充電で十分です。
  2. 軽くて、肩がこることもありません。ノイズキャンセリング付きの WI-1000X と迷いましたが、今のところ、新幹線や飛行機に乗る機会もあまりなく、値段の差も考えて、この機種にしました。重さは WI-1000X が 71g に対して WI-H700 は 40g です。ずっと肩に乗せることを考えると、この差は数字以上に重く感じるようにも思います。
  3. 音質がいいです。外出先で聴く分には、そこまでこだわりはないのですが、同じソニーのMDR-EX31BNと比べても、音質はずいぶんよくなっています。

デメリット

 デメリットは、外してカバンの中に収納する時にややかさばることと、収納ケースがついていないことです。ケースは、100円ショップで見つけたものに収納して持ち運んでいます。音楽を聴かないときも、ずっと首にかけていても気にならない重さではありますが、できればケースも付属されていた方がよいのでは、と思いました。
 

まとめ

操作性もよく、Bluetooth特有の遅延が気にならないというメリットもあり、総じて優秀なイヤホンだと思います。今後、左右分離型のイヤホンが進化したとしても、用途に応じて使い分けながら、長く使える一品だと思います。

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700 : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大8時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ムーンリットブルー WI-H700 L

コメント

タイトルとURLをコピーしました